デザイナーズ住宅の種類と世田谷での選び方

デザイナーズ住宅はマーケティングによりつくられた概念です。他の住宅とどこが違うかの明確な規定があるわけではありません。世田谷ではデザイン性が優れた住宅を供給する会社が豊富に存在します。供給者は主に、施工会社と設計事務所に分かれます。同じようにデザイン性に優れた住宅を建てているにしても、両者はまったく異なる組織である点で注意が必要です。施工会社は設計と施工の両方を請け負います。デザイン性に優れる設計者を雇用している場合と、外部の設計事務所と提携している場合があります。それに対して、設計事務所は施工会社からは独立し、設計のみを請け負う会社です。設計に特化しているので、施工会社から影響を受けることなく、独自の理念で設計が可能です。依頼先の選択では、その会社が施工会社なのか設計事務所なのかを見極めることが大切です。

施工会社が主導するデザイン性の高い住宅

施工会社は従来、デザインに無頓着な場合が多くありました。しかし、住宅メーカーに伍して、自ら顧客を獲得しなければならない必要性から、世田谷でデザイナーズ住宅を提供する会社が増えてきました。デザインの特徴は施工した場合に無理のない、基本性能を持っていることです。デザインだけが突出しているのではなく、技術的な裏づけがされている点が特徴です。マーケティングの関係から、屋根勾配のないボックス型の住宅が形態上の特徴となっています。屋根勾配のない住宅は雨漏りの心配があるので、実際に依頼する場合は屋根勾配を付け、庇を出してもらうのが失敗しないコツです。施工会社でも、住宅メーカーのように住宅ローンの手続きや保険の加入などを手伝ってくれるので安心です。全てを任せるのではなく、希望をはっきりと述べた方が良い住宅となります。

設計事務所がつくる魅力的なデザイン住宅

設計事務所の設計する住宅は本来、デザイン性に優れたものでした。設計事務所が世田谷でデザイナーズ住宅を供給しているのは、マーケティング上の要請によるものです。従来の設計事務所は独自の設計にこだわっていましたが、最近は顧客の感性に歩み寄る姿勢が見られるようになりました。設計事務所のデザイン上の特徴は、自由奔放なところです。今までに見たことがない奇抜なデザインが期待できます。一方、技術的な裏づけが乏しい場合があるので注意が必要です。技術的な裏づけが乏しいデザインは、使い難かったり、雨漏り等の障害が発生します。設計事務所にデザインを依頼する場合は、地に足のついたデザインを求める必要があります。希望は述べつつも、突飛なデザインを要求しすぎるとうまくいきません。設計担当者とは、お互いの意志の疎通が必要になります。

自由設計とは、構造や工法も自由であるべきと東京組は考えます。 デザインや品質はもちろん、安全やコストのすべてのバランスがとれた家こそ「良い家」。 東京組の注文住宅は2年に2回、定期点検サービスを行っております。 台風や地震の後の点検など、24時間受け付けています。 良質な素材のために東京組は、建材を自社開発しています。 設計から部材選びも、全部責任を持って行う自社施工。 世田谷でお洒落なデザイナーズ住宅をお考えの方へ